unikki

Uni. + diary = Unikki

開花宣言

ーーこちらは金沢地方気象台にあるソメイヨシノの標本木です。 ご覧下さい、桜が咲きました!金沢にもようやく春の訪れを感じる季節となりました。 4月4日、こんなおっかないリポートが、 私の記者としてのデビューとなりました。 この春、6年間学んだ大…

クラシカロイド#13とシューベルト「人魚幻想」

昨夜TLを遡っていると、フォロワーさんたちが、Eテレで人気のアニメ「クラシカロイド」をネタに盛り上がっていました。昨日はシューベルトの《ます》が取り上げられていたのですね(以下、第13話のネタバレを含みます)。少々長い記事になりますが、興味のあ…

頌春

みなさま、明けましておめでとうございます。いかがお過ごしでしょうか。 私は元日を立山を望む富山にて、三が日を温かい故郷にて迎えました。 昨年は多くの方に支えられて過ごした一年でした。就職活動や論文の執筆に際して、苦楽を共にし、素晴らしい瞬間…

西洋ゼミの文献

更新をずいぶんと怠っていました,すみません。 最近の西洋音楽史ゼミで読んでいるのは,BondsのAbsolute Music: The History of an Ideaです。なによりBondsが引用している,(膨大な!)古典的著作をあたる作業が,たいへん勉強になります。 Absolute Musi…

《ロ短調ミサ曲》の批判校訂の歴史

1856/7年(Br&H)J. Rietz「旧全集」1954年(Bärenreiter)F. Smend「新全集」1997年(Peters)Christoph Wolff2005年(Bärenreiter)U. Wolff「新全集の補遺」2006年(Br&H)Joshua Rifkin2010年(Bärenreiter)U. Wolff「新全集(改訂版)」2014年(Carus)U. Leisinger …

ベートーヴェンとニューミュージコロジー

美学ゼミでやってる文献のエントリー. 下記の論集を読んでおります. The Invention of Beethoven and Rossini: Historiography, Analysis, Criticism 出版社/メーカー: Cambridge University Press 発売日: 2013/11/06 メディア: Kindle版 この商品を含む…

《ロ短調ミサ曲》参考文献

卒論の内容がフラフラしてる一方で,ゼミではしばらくバッハをやってます.4月の頭くらいに,Bach-Jahrbuchを10年分くらいペラペラしながら統計とって,頻出してるテーマを選んでみたら,どうも近年《ロ短調ミサ曲》が熱いぞ,ということになりました.受講…

トライトラーを読むための参考文献

備忘録。実に3年ぶりの美学ゼミでの発表。 1週間前にテクストが決まるという鬼畜なルール(?)で,私がGWを捧げる相手として選んだのは,レオ・トライトラーの『音楽と歴史的想像』。アメリカ人らしくないその名前の響きに,聞き覚えがあったからです。 M…

相変わらず

相変わらずゆるーい学業生活の合間に楽器を取り出してきて,どこぞの本番に乗ってみたり,珍しく活動的に過ごした春でした。 以下,執筆したプログラムノートのメモ。 さいきん書いたもの。 ・母校の校歌の吹奏楽編曲 ・伊藤康英「ぐるりよざ」 ・スミス「ア…

「解釈」と「音楽解釈学」

内輪でやっている某勉強会で,ここ最近佐々木健一『美学辞典』を扱っています。 美学辞典作者: 佐々木健一出版社/メーカー: 東京大学出版会発売日: 1995/03メディア: 単行本購入: 3人 クリック: 136回この商品を含むブログ (41件) を見る 芸術学やら美学を専…

「ベートーヴェン受容史」に関する参考文献。

この数週間,S. Burnhamによるベートーヴェン受容史の論文を読むなどしていました。 Sounding Values: Selected Essays (Ashgate Contemporary Thinkers on Critical Musicology Series)作者: Scott Burnham出版社/メーカー: Routledge発売日: 2010/07/14メ…

10月28日「隅田川+カーリュー・リヴァー」

「隅田川」+《カーリュー・リヴァ―》芸大、奏楽堂シリーズ特別公演。 ああもう,本当に素晴らしかった。思い返すとついホロリとなってしまう。

10月18日

忘れぬうちに演奏会の記録を。 もう先週のことなのだけれど,JCNプレミアムコンサート2012ということで,「ウィーン・フーゴ・ヴォルフ三重奏団」,18日木曜日,新しくなった東京芸術劇場へ。 アレンスキーのピアノ三重奏曲第一番op.32をはじめとした,濃…

メモ,10月13,14日演奏会

土曜日は芸大奏楽堂へ。「幕末~その時、世界は?」シリーズ第3回「ジャポニズム~外から見たニッポン」。レクチャー「パリ万博とエグゾティスム」(井上さつき先生)&コンサート「オペラ、オペレッタの中のニッポン」。井上先生のレクチャー分かりやすく,…

アルヒーフは監獄?「音楽のある展覧会」

音楽のある展覧会「ウィーンに残る,日本とヨーロッパ450年の足跡」 ということで,この3連休はウィーン楽友協会アルヒーフ資料展へ。 http://www.suntory.co.jp/suntoryhall/sponsor/2012/121006.html 展覧会用にサントリーホールの小ホール(ブルーローズ…

はじめまして。

洒落たタイトルを考えることすら億劫で,「大学生活の記録」などという無機質なタイトルを冠してしまったこのブログ。 さしあたり何か気の利いた挨拶を書かねばと思い,キーボードに向かうのですが,さして面白い文章を綴れるわけでもなく。 大学1年も終わり…